魂の輝きに

親からの自立とは<裏切りの行為、ひとつの信仰の棄却>

親からの自立。

それはこれまで正しいと疑うことすらしなかった<親の価値観からの脱却>の過程である。

信仰していた宗教からの足抜けみたいなもの。

自立とは「これまで」に対する裏切りの行為だ。


裏切り者としてのわたし

だから自立は難しい。

新しい世界に旅立とうとすると旧世界の神が問いかけてくる。

「わたしを裏切るのか」と。

その声にどう答えるか。

「神に止められても私はこの道を行く」

そのとき人は初めて<自分の価値観>を自分の中心にすえて生きていけるようになる。