魂の輝きに

囀る鳥は羽ばたかない 35話考察①「平田、すべての報い。矢代、半分の仮面」

33話で矢代と百目鬼は飛行場の近くに移動。
当初「なんで飛行場なんだろ?」と思っていたら、飛行機は分かりやすく鳥の比喩で、34話は”ついに鳥が羽ばたきますよ”というシーンで終了。
よって35話は矢代と百目鬼がスウィートな展開になるのかと期待していたのですが…全くそんなことはなかった。

というわけで35話考察です。

子への情

「平田にはそれなりに情もあった」
その平田の始末をつけることを三角さんは決意。

「身柄押さえろ」
天羽さんに指示した三角さんの背中からは平田を始末することへの寂寥と深い怒りが滲む。

証拠はないまでも、自分の半身である黒羽根をおそらく殺したであろう平田。
その平田に真誠会の跡目を譲って組長に据えたのは、三角さんの平田に対する大きな情であったと推察されます。

だが平田にとっては”一番に選ばれること”以外は親の愛ではなかった

その親と子の誤謬が凄惨な子殺しを生みます。

平田、すべての報い

そしてこれまでのすべての報いを受けることになる平田。

矢代を陥れるために利用していた竜崎を、平田は刺し重傷を負わせた。
「ありがたく思え…この俺が手を汚してやるんだからよ…」

見下していた竜崎に行った仕打ちをはるかに超える屈辱を平田は三角さんから喰らう。
「お前ごときバラすのに俺が手ェ下すと思うのか?」

子として選ばれないのなら、裏切ってでも三角さんに自分の認めさせようと、三角さんの気を引くためには手段を選ばなかった平田。
「俺を見ろっ」

平田の必死の叫び虚しく、
「俺の知らねぇところで勝手に死ね」

三角さんに子としての存在を完全に否定され、平田は死を迎えます。

同時にこれは平田に殺された黒羽根の仇討ちでもありました。
証拠がないため留め置かれた平田を、今回処分する理由と証拠を用意できた。
矢代はどこまでも孝行息子であります。

黒羽根の墓前にあらわれたトモちゃんに向けた三角さんの笑顔は、理屈抜きでカッコ良かった。

未だ半分のひかり

怪我を負った矢代と百目鬼は入院。

「頭打って百目鬼のこと憶えてない」
七原と杉本にすら見抜かれるような下手な嘘をついて百目鬼を家族のもとに送り出す矢代。

家族のもとに帰る百目鬼の姿を、右手で顔を半分覆い、遠くから矢代は見つめる。

これはおそらく5巻で百目鬼を置いてアパートを出て行ったシーンとの対比になります。
あの時は動くようになった右手で顔全体を覆い、”これまで”の仮面を身につけ光と百目鬼に背を向け立ち去った矢代。

今回顔を半分隠して百目鬼を見送る姿から、ひかり半分、仮面半分な矢代の現在地が伺えます。

35話までが6巻収録分ということですが

35話に関してはここで終わるかー、というのが率直な感想。
ノーヒントだと私の読解力では読み解くのが難しい回でした。

次回は「囀る鳥は羽ばたかない」、タイトルについて考察予定。

(続く)